おいしい焼き方

商品が届いたら、当日食べる分だけを解凍しましょう。

一番おすすめの解凍方法は「室温で自然にゆっくり常温に戻す」。日が当たらない場所でゆっくりと(2~3時間程度)常温に戻すとおいしく召し上がれます。

2-2-sp

グリルで

焼く前にグリルを熱しておくと、こびりつきを防げます。焼くときは、先に腹側を4~5分焼き、次に背側を2~3分。最初に背側から焼くと、皮と身の間にある脂が落ちてしまいますのでご注意を。

2-2-sp

フライパン・ホットプレートで

フライパン(またはホットプレート)で焼く場合はお好きな面から焼いてOK。脂がたくさん出てきますので、 キッチンペーパーで余分な脂をふき取りながら焼くと、パリッと焼きあがります。

2-2-sp

フィッシュロースターで

卓上型の魚焼き専門ロースターなら、誰でも簡単においしく焼き上げることができます。ふっくら焼き上がり、焼き目もバッチリ。こびりつきも少なく、手入れも簡単。おすすめです。

2-2-sp

七輪やコンロの網焼きで

干物を焼く前に網を十分に焼いておけば、皮がくっつきにくくなります。焼くときは身の方から強火でしっかり焼きましょう。身が白くなってきたら全体に火が通った証拠。裏返した皮の方は「軽く」焼く感じで。

2-2-sp

トースターで

片付けが簡単で失敗も少ないいトースターは干物を焼くのが苦手な方におすすめ。焼き方はグリルの要領でOK。ただし大きなものはカットして焼きましょう。

2-2-sp

電子レンジで

最近は魚焼き用のレンジ調理グッズもあります。レンジでチンして、仕上げにトースターで焼き目をつけるという方法も。